南房総・鴨川市天津鎮座 | 源頼朝公が伊勢の神宮より御分霊を勧請し創建された八百余年の歴史をたたえる神社

Japanese | English

房州伊勢の宮 天津神明宮 十月の神訓   やる気 本気は にじみ出る
禰宜日記
〔2020/08/26〕 オンライン講習会
夜、おそらく神社界では修了証が交付される講習会としては初となるオンライン講習会を、私が講師を務めて行った。
20名近くの千葉県神道青年会の会員が受講し、オンラインミーティングアプリケーション「ZOOM」を使って、3時間超にわたって講義を行った。

テーマは「神社振興対策」
一昨年企画・開催した「和の日フォーラム」を題材として、神社、神職の地域における役割、神職がまちづくりに関わることの意義などについて、時折受講生の意見を交えながら進めた。

冒頭、1人の受講生で音声トラブルが発生し、30分遅れのスタートとなったが、そもそもオンライン講習会は初めての試みでもあり、会員の中には慣れていない人も多い。そういう意味で、逆に最初にこういうトラブルを経験したのは、結果的には今後の糧となり良かったのではないかと思う。

今日は極めて精神論、観念論的な話しが中心となったが、つまるところ、神社も経営も人生もなにもかもが「問題解決」の連続である、問題を解決することで成長し、ほかのだれにもないノウハウを手にできる、問題があるからこそのやりがいでもある、というような話しをした。
その上で、現状、問題から逃げていないか、という問題提起をさせていただいた。

オンライン講習会、果たしてどんなかたちになるか、自分も不安と期待が入り混じっていたけれど、終わってみれば、これはこれで十分にできる、という実感をもった。
逆にオンライン講習会を駆使することで、これまでこういった講習会への参加の厳しかった、兼業神職も参加できるようになるし、中堅神職研修会など、そういった研修会へも積極的に応用していってはどうだろうか。

また、オンライン講習会の方が集中できる、という話しもあった。
これは注目すべき感覚だろう。

新型コロナ禍においてわかってきたのは、みな「つもり」で生きてきたのではないか、ということである。物事の真理を見つめるきっかけになっているような気がする。
仕事にも言える。会社に出勤する。9時から5時まで働く。それで仕事をした「つもり」になっていたかもしれない。
講習会で言えば、決められた日時に決められた場所に集まり、参会して、ただのんべんだらりと講師の話しを聞く。これで学んだ「つもり」になっていたかもしれない。実際には、右の耳から左の耳へ話しの内容は通り抜けていたかもしれない。

そういう意味で、オンライン講習会はむしろ効果があるかもしれない。
そんな気づきを私自身も得る時間となった。


[WALK:8551]

こんな感じでやりました…
iPhone 7 3.99 mm ISO100 1/14 sec f/1.8
− 2020年8月28日 09時26分 更新 by やまちゃん

[2020/10/16] 太陽の神
[2020/10/15] 献燈祭
[2020/10/13] 神社庁IT講師
[2020/10/07] 伝える力と聴く力
[2020/10/06] 好きなことを仕事にする。
[2020/09/29] まつりごと
[2020/09/17] 菅内閣に思う
[2020/09/14] 実録|接触確認アプリ COCOA 通知受け取る(不具合)
[2020/09/13] 宮内淳さん、天に昇る
[2020/08/26] オンライン講習会
[2020/08/25] 自分探し…
[2020/08/20] 皇室の御縁
[2020/08/15] 送り火、そして明日開幕
[2020/08/06] 日本人が忘れてはならない日に…
[2020/07/04] “第二波”をどうとらえるか?
[2020/07/01] 梅雨のついたち
[2020/06/09] 平等を説く国ほど差別は存在する。
[2020/06/06] 集中せよ…なんだかなぁ。
[2020/06/05] プチDIYシリーズ 神札立て
[2020/05/31] 鴨川市が目指すべきまちづくり その3
[2020/05/30] 鴨川市が目指すべきまちづくり その2
[2020/05/29] 鴨川市が目指すべきまちづくり その1
[2020/05/28] 同じ青ではない
[2020/05/26] 響く言語
[2020/05/25] 緊急事態宣言は解除されたけど…
[2020/05/20] 単位あたりの価値を上げること
[2020/05/18] with/after Corona への提言
[2020/05/13] 未来を創る人、今を創る人
[2020/05/10] ここからが勝負!
[2020/05/06] 新型コロナウイルス早期鎮静祈願